分煙はストレス!どうせなら健康のために禁煙しよう

分煙室で吸うくらいなら、健康のために禁煙しよう

分煙をしてある会社や店などは多くなってきました。
ヘビースモーカーにとっては肩身が狭いものです。

タバコは自分自身の肺ガンのリスクが高まるだけではなく、周りの人や家族にも悪影響を及ぼしてしまいます。
親がタバコを吸い、近くに子供がいれば、当然子供はタバコの煙を吸ってしまいます。
これが原因で喘息や気管支炎を発症してしまったり、将来的に肺ガンの確率が高まってしまうので、子供がいる方は子供の将来のためにも禁煙をすることが望ましいです。

肺ガンの原因にはタバコ以外にも空気汚染があります。
中国から飛来するPM2.5なども含まれます。
自動車が良く通る場所や工場近くは空気が汚れているので、肺に多くの負担がかかります。
子供に限らず出来るだけ近づかない方が良いのですが、仕事であったり、交通機関を利用する場合はマスクの着用をするようにしましょう。

肺ガンの予防対策をするには、イソフラボンを摂取すると良いと言われています。
イソフラボンを摂取することで肺ガンになる確率が半減すると言われています。
イソフラボンを多く摂取できる食材は豆腐、納豆、豆乳などの大豆食品です。

味噌や醤油も大豆から作られているからと言って、味を濃くしたりしないようにしましょう。塩分の摂り過ぎは逆によくはありませんので、塩分は出来るだけ控えることが大事です。

カテキン、フラボノイド、アントシアニンなども予防効果が期待できますので、緑茶やワイン、野菜類、フルーツの摂取は欠かせません。
ですが、タバコを吸い続けていると折角摂取した栄養も効果が遮られてしまいますのでタバコを止めなければ意味がありません。禁煙を始めると1ヶ月くらいは耐えるのが苦しいですが、乗り越えると急に楽になります。
禁煙達成後の注意点を挙げるのであれば、食べ物がおいしく感じるようになるためにたくさん食べることが多くなります。
禁煙後に体系が変わってしまう人も多いので気を付けましょう。健康のために禁煙をしたのに、食べ過ぎて体を壊さないようにしましょう。
注目情報


Copyright(c) 2017 分煙はストレス!どうせなら健康のために禁煙しよう All Rights Reserved.