分煙はストレス!どうせなら健康のために禁煙しよう

非喫煙者の健康を守る分煙

受動喫煙とは喫煙者の周りにいる非喫煙者が喫煙により生じた煙草の先から出たり喫煙者が吐きだしたり、空気中に漂う煙から有害物質を通常の呼吸で吸入してしまうことです。

不随意喫煙、不本意喫煙、二次喫煙などと呼ばれています。
間接的に喫煙させられることで、非喫煙者も喫煙者と同様に心臓や呼吸器疾患などの健康被害を受ける危険があります。
受動喫煙の影響で、全世界で毎年数十万人もの非喫煙者が死亡しています。
そのため世界的に換気ではなく完全に禁煙の空間を作るなど、受動喫煙の防止が推進されています。
日本でも厚生労働省が健康増進法で受動喫煙防止対策について分煙や禁煙の対象となる施設を具体的に示しています。
そのため公共の場において受動喫煙のリスクは減少しました。

分煙では強力な排気システム等の機器を設置するための経費が必要ですが、禁煙ではコストがかかりません。そのため公共の場では禁煙を採用する流れが主流になっています。
しかし健康増進法は禁煙ファシズムなどと批判されることもあります。
非喫煙者と同じように喫煙者の権利も考えた場合、完璧に受動喫煙が防止することが可能であるならば、分煙の方が公平だと思います。
第一、喫煙を続けるために余分な税金を払っている人々を悪人扱いするのも気が引けます。
しかし喫煙席と禁煙席が不完全な仕切りで分けられているだけの飲食店など、受動喫煙を防ぎきれていない施設もあります。
両人が満足できる設備の設置が必須です。

注目情報


Copyright(c) 2017 分煙はストレス!どうせなら健康のために禁煙しよう All Rights Reserved.