分煙はストレス!どうせなら健康のために禁煙しよう

健康のために分煙するのは素晴らしい

タバコの値段が上がったり、喫煙所が設置され街中や駅、飲食店などでの喫煙が難しくなり、喫煙者にはタバコを吸いづらい環境になっていますが、仕方ないと考えるようにもなりました。
私は数年前に2年程喫煙していましたが、妊娠をきっかけにキッパリと辞める事ができました。
一度やめるとそれからはむしろタバコの匂いが嫌いになったほどです。

主人が横で吸ったり、トイレで吸ったりするのも正直嫌ですが、結婚する前からそうだったので仕方がありません。
しかしタバコの煙は吸っている本人よりも周囲にいる人達への健康被害のほうが深刻だとも聞いた事があります。
ですから、最近では分煙の動きも見られます。
ファストフード店などでもたまに見かけますが、きちんと喫煙者とそうでない人達の席に仕切りがされていたりするので、喫煙していない人にも安心な状況になっています。

健康に害があるとわかりながらもタバコを吸うわけですから、それだけタバコという物の恐ろしさもあるわけですが、公にタバコの存在は認められているわけだし、それを仕事にしている人や、タバコから得る税金もあるわけですから、完全にタバコがなくなるというのは難しいのでしょう。出来れば自分の体を自分で害するというのは避けたい物ですが、周りの影響なでも関与するとは思うので、出来るだけ周りに迷惑をかけないで喫煙をするという意識を喫煙者には持ってほしいなと感じます。
主人にも気づいて欲しいものですね。
注目情報


Copyright(c) 2017 分煙はストレス!どうせなら健康のために禁煙しよう All Rights Reserved.