分煙はストレス!どうせなら健康のために禁煙しよう

子供の健康のためにも分煙の仕組みが必要

法律では、タバコを吸って良いのは20歳からとなっています。
しかし、中学生や高校生などでも吸っている人がいるようです。

今は、タバコを購入するのにかなり厳しくなっています。
対面販売では年齢確認をすすめ、自動販売機では、証明書が必要になっています。
本来であれば、このことで、未成年の喫煙はなくなるはずですが、そう簡単になくなるものではないでしょう。根本的なところを解決しない限りは、未成年者の喫煙は無くならないように思います。

自分の意志で吸っている分には、将来的に体に影響するかどうかは自分の責任になります。
ですから、未成年であろうとそれくらいの判断はしてほしいものです。

しかし、子供の場合、それも自分から吸おうとしていない子供にタバコの害が加わるのは親としては心苦しいところがあります。
駅や店舗などでは分煙が進んでいて、その辺りでは良い環境が生まれているのかもしれませんが、子供が活動するところはあまり考慮されていないこともあります。

特に公園などは、ほとんど手付かず状態です。

外であれば吸って良いと認識している人が多いので、公園で煙草の煙がどんどながっているのを見かけることがあります。
そこで遊べば、その煙や灰を吸うことになります。
子供の健康にも影響をあたえることになります。
今は、禁煙区間で喫煙しても過料程度で罰則などがなく、ほとんど取り締まられていない状態です。

取締を強化するか、区別をしっかりするかしないと、子供の安全は守れません。
注目情報


Copyright(c) 2017 分煙はストレス!どうせなら健康のために禁煙しよう All Rights Reserved.